MENU

脱初心者!Photoshopの全27種類の描画モードを完全網羅。描画モードを理解することで、Photoshopの合成・加工をレベルアップ【第1回】

描画モードとは、複数のレイヤーのブレンド(混ぜ方)の加減をかえてくれるもの。

描画モードは全部で27種類あります。これらの特徴を理解することで、Photoshopの合成・加工が確実にレベルアップします。大まかな6分類の特徴について述べた後で、一つ一つの描画モードの特徴・使い方を解説していきます。

初心者の方でも分かりやすいように、丁寧に解説していきます。「描画モードって何?」という方、「描画モードを使っているけど、よく分からないので雰囲気で何となく」という方は、是非、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

目次

描画モードは6つに分類できる

描画モードは、大きく分けて6つに分類できます。お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、描画モードのプルダウンメニューで分割されています。こちらをざっくり確認してておくと、理解しやすくなると思います。

描画モードのプルダウンメニュー
描画モードメニューバー
  1. 1枚のレイヤーで成り立つ、他のイラストとブレンドしないグループ
  2. ブレンドすると暗くなるグループ
  3. ブレンドすると明るくなるグループ (2.と真反対のグループ)
  4. ブレンドするとコントラストが強くなるグループ(コントラストが弱くなる場合もある)
  5. 上下のレイヤーを比較するグループ
  6. 色の3属性(色相・再度・輝度)に関するグループ

よく分かんなくても大丈夫です。その場合は、次の章で具体的な機能を一つ一つご紹介するので、最後まで読むと、「あー、なるほど。」と納得していただけるかと思います。

それぞれの描画モードの特徴と使い方

それぞれの描画モードを解説する前に、描画モードの計算式とかけ方についてです。計算式は下記通り、基本色+合成色が結果色となります。描画モードをかけるときは合成色である上のレイヤーを選択してから、描画モードをかけます。

描画モードの計算式と描画モードのかけ方
描画モードの計算式と描画モードのかけ方

それでは、描画モードを1つ1つ見ていきましょう。

通常

通常は、初期のモードで、何もブレンドされません。上のレイヤーの不透明度に応じて、下のレイヤーは透けて見えますが、下のレイヤーへの影響はありません。

下記は、基本色にカフェの写真、合成色に白のべた塗長方形をのせた通常モードの画像です。合成色の白長方形の不透明度を100%、70%、40%と徐々に落としていっています。

サムネイルにも使いやすそうですね。

ディザ合成

ディザ合成もブレンドはされません。上のレイヤーの不透明度に応じて、ピクセルが欠けます。欠けた部分は下のレイヤーが見えます。

下記は「壁の画像(:基本色)」に、「植物の写真・テキスト・トラのシェイプ(:合成色)」を載せました。不透明度を上げていくと、かけているピクセルの量が多くなるのが分かります。合成色の不透明度は100%、85%、40%と徐々に落とし提案す。不透明度が下がるごとに、ピクセルが多くかけているのが分かります。

スプレーっぽさをだしたり、アート作品にも使えそうですね。

比較(暗)

比較(暗)は、基本色と合成色を比較して、暗い方の色が結果色になります。比較の方法は、RBGそれぞれの値の数値の低い方が採用されます。具体的に見てみましょう。

RGB(:Red(赤) Green(緑) Blue(青))はそれぞれ0~255の範囲で、数値が低い方が暗くなります。上記の場合、Rは70<220で基本色の方が低く、Gは190>120で合成色の方が低く、Bは200>160で合成色の方が低くなっています。このため、結果色はR:70 G:120 B:160となります。

白・25%グレー・50%グレー・75%グレー・黒の基本色の上半分にピンクの合成色を載せて、比較(暗)の描画モードをかけてみると、下記のようになります。

基本色が白はだと合成色そのものの色となり、黒は一番暗い色なので、黒のままとなります。

写真を使った合成例です。

ブドウの部分は暗いので、ほとんど結果色にそのまま反映されていますね。背景は鮮やかなピンクから少し暗くなりくすんでいます。

乗算

乗算は、基本色と合成色を掛け合わせた色が結果色となります。こちらも計算式があるのですが、計算式が複雑でイメージしにくいので、今回は割愛します。

色を重ねるほど、暗くなります。絵具を混ぜ合わせるのと同じ感覚で、結果色の予想がつきやすく、使用頻度の高い描画モードです。
グレースケールに色を乗せた場合は、比較(暗)と似ていますが、見比べてみると色味が違っているのが分かります。また、色を重ねるほど暗くなるのも比較(暗)と違う点です。

白い花の写真を赤く変えてみましょう。

影の部分は暗くはんえいされるので、花がべた塗でなく、自然な感じに仕上がりますね。でも、茎まで赤くなってしまいました。茎のところだけレイヤーマスクで合成色部分を消すと、茎が緑に戻ります。こちらについては、後日詳しく紹介しますが下記のような仕上がりです。

焼き込みカラー

焼き込みカラーは、色相はそのままで、基本色を暗くしつつ、基本色と合成色のコントラストを強くします。基本色が白の場合は、ブレンドしても白のままなのが、比較(暗)や乗算と大きく違いますね。

乗算の時の白い花に赤のべた塗をブレンドしましたが、こちらも違いが歴然で、コントラストがはっきりしていて、光が強く当たっているように見えますね。

焼き込みカラーは焼き印を作るときにも便利です。下記は壁に落書きした感じになっていますね。

焼き込み(リニア)

焼き込み(リニア)は、基本色を暗くしつつ、全体的に明るさを落としてブレンドします。 グレースケールに色を乗せた場合は、乗算にかなり近いですが、よく見るとこちらの方がより暗くなっています。

同じ写真を重ねると濃くなるので、下記のように色が薄いときに使えます。不透明度を100%で合成すると色が濃すぎたので、60%でブレンドしています。

色が良い感じに引き締まりました。

カラー比較(暗)

カラー比較(暗)は、基本色と合成色を比較して、暗い方の色が結果色になります。ただし、比較(暗)とちがい、RGBの各数値の合計値が低い方が採用されます。なので、色が混ざり合うことなく、基本色か合成色のどちらかの色になります。

曇り空を青空にしたい、なんてときに便利です。

まとめ

今回は描画モードの説明と分類についての解説と、個々の描画モードについて見ていきました。個々の描画モードについては、今回は下記について解説しました。

① 1枚のレイヤーで成り立つ、他のイラストとブレンドしないグループ
通常(何もブレンドしていないそのままの合成)
ディザ合成

② ブレンドすると暗くなるグループ
比較(暗)
乗算
焼き込みカラー
焼き込み(リニア)
カラー比較(暗)

次回は、③ ブレンドすると明るくなるグループから解説していきます。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小さな鞄屋さんで経理事務のお仕事をしています。会社で写真の加工やちょっとしたデザインを頼まれたのがきっかけで、Photoshopとillustratorと出会いました。これがホントに楽しくて、只今、勉強中です。
このブログではWebデザインを中心に、私の好きな事をシェアしていきたいと思います。ちょっとでも誰かの役に立てたり、面白いなと思っていただけたら嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる